欧風カレー専門店がコロナ禍きっかけにバスクチーズケーキ展開 現在は50店舗に卸す人気商品に 1月31日に直営店もオープン

自家製欧風カレー専門店「がじゅまるの樹」は1月31日、バスクチーズケーキ専門店「THE BASQUE」を新オープンした。バスクチーズケーキ
自家製欧風カレー専門店「がじゅまるの樹」は1月31日、バスクチーズケーキ専門店「THE BASQUE」を新オープンした。
バスクチーズケーキ東京都
自家製欧風カレー専門店「がじゅまるの樹」は1月31日、バスクチーズケーキ専門店「THE BASQUE」を新オープンした。

自家製欧風カレー専門店「がじゅまるの樹」は1月31日、バスクチーズケーキ専門店「THE BASQUE」を新オープンした。

【関連写真】バスクチーズケーキ専門店「THE BASQUE」他イメージ4枚はこちら

同店のバスクチーズケーキは、北海道産のクリームチーズを100パーセント使用。表面を香ばしく焦がした上で中はとろける食感のバランスを追求し、ほどよい食感と上品な味わいの両方を実現した。塩や黒胡椒をつけて、より大人の味わいも楽しめる。

「がじゅまるの樹」カレーのイメージ
「がじゅまるの樹」カレーのイメージ

「がじゅまるの樹」は、八王子みなみ野エリアの閑静な住宅街の一画に位置する地域密着型の飲食店。同店は2019年当時、中食の需要が増えるなど飲食業界の時代の変化に伴い、カレー以外の主力となりうる新たな商品を考える中、同店の代表自身の出身地である北海道産の食材を使用した商品に着目。バスクチーズケーキに目をつけ、商品開発・提供にいたったという。

その後はコロナ禍をきっかけにバスクチーズケーキのテイクアウト販売と同時に「わくわく広場 アリオ橋本店」での委託販売をスタート。地域のスーパーマーケット「食生活 ロピア 八王子みなみ野店」でも同様の形で委託販売を開始するなど販路を拡大。2021年1月には日野市多摩平の森産業連携センター主催PlanTビジネスプランコンテスト2020にて「たましん賞」を受賞した。

現在は、東日本を中心に「わくわく広場」47店舗、地域のスーパーマーケット2店舗、地域の飲食店2店舗の約50店舗に卸してバスクチーズケーキの販売・提供を行っている。直営店をオープンしたことで、バスクチーズケーキ

【THE BASQUE】
住所:東京都八王子市みなみ野3-27-23
アクセス:JR横浜線「八王子みなみ野駅」より歩いて9分
時間: 11時~17時

【画像ギャラリー】
バスクチーズケーキ専門店「THE BASQUE」バスクチーズケーキ専門店「THE BASQUE」バスクチーズケーキ専門店「THE BASQUE」バスクチーズケーキ専門店「THE BASQUE」

【関連記事】
【レポート】八王子:高尾山口「タカオコーヒー」高尾山帰りに寄りたいオシャレスイーツカフェ