ANAインターコンチネンタルホテル東京:ティータイム限定苺スイーツビュッフェを6月30日まで展開 60・90分制を選択可

ANAインターコンチネンタルホテル東京は6月30日まで、2階のオールデーダイニング「カスケイドカフェ」にて、ティータイム限定「ストロベリー・スイーツブッフェ」を提供中だ。価格は平日・税込み4,900円(サービス料含む)から。ビュッフェ
ANAインターコンチネンタルホテル東京は6月30日まで、2階のオールデーダイニング「カスケイドカフェ」にて、ティータイム限定「ストロベリー・スイーツブッフェ」を提供中だ。価格は平日・税込み4,900円(サービス料含む)から。
イチゴビュッフェ東京都
「ストロベリー・スイーツブッフェ」イメージ
「ストロベリー・スイーツブッフェ」イメージ

ANAインターコンチネンタルホテル東京は6月30日まで、2階のオールデーダイニング「カスケイドカフェ」にて、ティータイム限定「ストロベリー・スイーツブッフェ」を提供中だ。価格は平日・税込み4,900円(サービス料含む)から。

【関連写真】ティータイム限定「ストロベリー・スイーツブッフェ」他イメージ1枚はこちら

同ビュッフェはホテル内のレストラン、パティスリーなど全7店舗共通のイチゴ尽くしのフェア「ストロベリー・センセーション 2024」の一環で開催。スイーツとセイボリー合わせて約40種がお目見えし、提供時間は60分プランと90分プランから選べる。

トランプやシルクハット、仮面などの装飾で遊び心あふれる雰囲気に演出されたブッフェ台には、約30種のストロベリースイーツが並ぶ。ルビーチョコレートとイチゴの濃厚なガナッシュでイチゴの形をイメージした「ストロベリールビーチョコレートクリーム」や、煮詰めたイチゴピューレをホイップして加えることでフレッシュな食感に仕上げた「ストロベリーギモーブ」などをはじめ、ショートケーキやパウンドケーキ、ムース、タルトなどスイーツが種類豊富に揃う。

また、スイーツの箸休めには、田舎風パテやミニチーズバーガー、ピザなど、バラエティ豊かな8種のセイボリーを楽しめる。ドリンクはコーヒーや紅茶、ハーブティーなど全12種がフリードリンクとして提供される。

【ANAインターコンチネンタルホテル東京】
住所:〒107-0052 東京都港区赤坂1-12-33
電話:03-3505-1185(予約・問い合わせ)

【画像ギャラリー】
「ストロベリー・スイーツブッフェ」イメージ

【関連記事】
ANAインターコンチネンタルホテル東京:2種の苺アフタヌーンティー、24年1月4日より期間限定展開