東京ステーションホテル:旬の苺をふんだんに「ストロベリー マルノウチジカン」2月6日より期間限定提供

東京駅丸の内駅舎の東京ステーションホテルは2月6日〜5月6日、バー&カフェ「カメリア」にて、アフタヌーンティー「ストロベリー マルノウチジカン」を提供する。価格は税込み7,200円(サービス料含む)。期間限定
東京駅丸の内駅舎の東京ステーションホテルは2月6日〜5月6日、バー&カフェ「カメリア」にて、アフタヌーンティー「ストロベリー マルノウチジカン」を提供する。価格は税込み7,200円(サービス料含む)。
アフタヌーンティーイチゴ期間限定東京都

東京駅丸の内駅舎の東京ステーションホテルは2月6日〜5月6日、バー&カフェ「カメリア」にて、アフタヌーンティー「ストロベリー マルノウチジカン」を提供する。価格は税込み7,200円(サービス料含む)。

【関連写真】「ストロベリー マルノウチジカン」他イメージ2枚はこちら

2月から提供するのは旬のイチゴのスイーツの数々。「タルトショコラフレーズ」はサクサクの食感の生地に、イチゴのフレーバーのなめらかで濃厚なチョコレートガナッシュをたっぷり。チョコレートのほのかな苦みとイチゴの爽やかな酸味が心地よいスイーツ。仕上げにいちごパウダーを散りばめた。

「いちごのクレープ」は、しっとりクレープにピスタチオクリーム、自家製イチゴジャムをサンド。細かく刻んだピスタチオが食感と風味のアクセントに。

他にも「いちごのシュークリーム」や「いちごのムース」、「プティフール3種」を提供する。

【東京ステーションホテル】
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1
電話:03-5220-1111(代表)

【画像ギャラリー】
「ストロベリー マルノウチジカン」イメージ「ストロベリー マルノウチジカン」イメージ

【関連記事】
東京都江東区:白味噌、湯葉、甘酒…和素材使った「和フタヌーンティー」3月30日まで提供中