フォーシーズンズホテル丸の内 東京:世界各国の花をテーマにした「フラワー アフタヌーンティー」3月18日より提供開始

期間限定
アフタヌーンティー期間限定東京都
「フラワー アフタヌーンティー」イメージ

「フォーシーズンズホテル丸の内 東京」は3月18日〜5月31日、フレンチビストロ「メゾンマルノウチ(MAISON MARUNOUCHI)」にて、世界各国の花をテーマにした「フラワー アフタヌーンティー」を展開する。価格は平日・税込み7,600円(サービス料含む)。

【関連写真】「フラワー アフタヌーンティー」他イメージはこちら

自然の美しさをインスピレーションに、花々が咲き誇る春を演出する同アフタヌーンティー。エグゼクティブペストリーシェフのパトリック・ティボーさんがスイス時代に経験した様々な旅の思い出をもとに提案されたこのアフタヌーンティーは、春のバカンス気分が味わえる。

旅は日本から始まり、ハワイ、南フランス、中東、そしてインドネシアへと続く。日本の桜や南フランスのラベンダー、中東のローズやインドネシアのジャスミンの香りが、花咲く季節にふさわしい喜びに満ちた味わいをお届け。また、アフタヌーンティーの定番でもあるスコーンは、オレンジフラワーのフレーバーで用意する。

淡い色で彩られたキュートなスイーツとともに提供するのは、ミシュラン2つ星を誇る「セザン(SÉZANNE )」の総料理長ダニエル・カルバートによるセイボリーの数々。スイーツの前にコース式仕立てで提供するシンプルかつ洗練されたセイボリーは、日本の旬の食材にフォーカスしている。

「桜ミルフィーユ」イメージ

また、3月18日より「桜ミルフィーユ」も提供。クリスピーなパイ生地に桜のディプロマットクリーム、そして桜葉とバニラのディプロマットクリームの2種を交互に絞り、メレンゲをのせたクラシックなスタイルに、桜の香りで春を添えた。価格はイートイン・税込み3,000円(サービス料含む)から。

【フォーシーズンズホテル丸の内 東京】
住所:〒100-6277 東京都千代田区丸の内1-11-1
電話:03-5222-7222(代表)

【画像ギャラリー】
「フラワー アフタヌーンティー」イメージ「フラワー アフタヌーンティー」イメージ「フラワー アフタヌーンティー」イメージ「フラワー アフタヌーンティー」イメージ「フラワー アフタヌーンティー」イメージ「フラワー アフタヌーンティー」イメージ「フラワー アフタヌーンティー」イメージ

【関連記事】
代官山:土曜日のみ営業する“週末ご褒美”ケーキ専門「パティスリー イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ」こだわりのスイーツ満載