東京ミッドタウン日比谷:「DRAWING HOUSE OF HIBIYA」1月13日より冬季スイーツ3種提供スタート

東京ミッドタウン日比谷のレストラン&ティールーム「DRAWING HOUSE OF HIBIYA」は1月13日より、冬季限定スイーツ3種の提供をスタートした。東京都
東京ミッドタウン日比谷のレストラン&ティールーム「DRAWING HOUSE OF HIBIYA」は1月13日より、冬季限定スイーツ3種の提供をスタートした。
アイスチョコレート・ココアチョコレートケーキパフェモンブラン期間限定東京都
「福岡県 鐘ヶ江さんのいちごパフェ」2,200円
「福岡県 鐘ヶ江さんのいちごパフェ」2,200円

東京ミッドタウン日比谷のレストラン&ティールーム「ドローイング ハウス・オブ・ヒビヤ(DRAWING HOUSE OF HIBIYA)」は1月13日より、冬季スイーツ3種の提供をスタートした。

【関連写真】「DRAWING HOUSE OF HIBIYA」が展開する冬季限定スイーツ、他イメージ2枚はこちら

「福岡県 鐘ヶ江さんのいちごパフェ」は、福岡県のイチゴ農家、鐘ヶ江さんの厳選イチゴ「恋みのり」または「紅ほっぺ」を使用した新作パフェ。ストロベリーチーズケーキをイメージして誕生した同パフェは、濃厚でなめらかなレアチーズケーキと、さっぱりとした爽やかなライムのジュレの組み合わせが特徴。イチゴのシュークリームが添えられ、一口ごとに贅沢な味わいを楽しめる。

「熊本県 球磨栗のモンブラン」は、手毬のような愛らしい姿のモンブランが、熊本県球磨地方で丹精込めて育てられた「球磨栗」のペーストで彩られて、新たに登場。球磨栗がもたらす素朴でホクホクとした味わいに仕上げた。

「フォンダンショコラと長崎県 YAMATO VANILLAのアイス」は、長崎県大村市に拠点を置く「YAMATO VANILLA BEANS」さんが栽培する国産バニラビーンズを使用した自家製アイスが主役のフォンダンショコラ。地元の気候や土壌に恵まれた環境で栽培され、高品質なバニラビーンズがアイスに独自の深みと香りをもたらし、チョコレートと好相性だ。

【ドローイング ハウス・オブ・ヒビヤ】
住所:東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷・6階
電話:03-3519-3700

【画像ギャラリー】
「熊本県 球磨栗のモンブラン」1,450円「フォンダンショコラと長崎県 YAMATO VANILLAのアイス」1,350円

【関連記事】
西荻窪:寒い夜に食べる「しんこぺ」名物のアツアツフワフワ「居酒屋ホットケーキ」が沁みた