東京・大阪・横浜:メガサイズのティラミス、販売期間延長が決定 10日間で200個以上販売して需要を「確信」

東京、大阪(梅田)、横浜で展開する「オービカ モッツァレラバー」は、期間限定で販売していたメガサイズ「トラディショナル ティラミス」を、好評につき販売期間を延長することを正式発表した。当初は9月18日までの予定だったが、9月30日まで延長する。ティラミス
東京、大阪(梅田)、横浜で展開する「オービカ モッツァレラバー」は、期間限定で販売していたメガサイズ「トラディショナル ティラミス」を、好評につき販売期間を延長することを正式発表した。当初は9月18日までの予定だったが、9月30日まで延長する。
ティラミス大阪府期間限定東京都神奈川県

東京、大阪(梅田)、横浜で展開する「オービカ モッツァレラバー」は、期間限定で販売していたメガサイズ「トラディショナル ティラミス」を、好評につき販売期間を延長することを正式発表した。当初は9月18日までの予定だったが、9月30日まで延長する。

東京・大阪・横浜:メガサイズのティラミス、9月8日より10日間限定登場へ

今回は通常サイズの2倍、重さ400gのメガサイズを税込み2,300円で提供。通常サイズも含めて200個以上販売したという。

同店は「心ゆくまでオービカのティラミスを味わっていただきたい。そんな想いを込めて実施したフェアは予想以上の反響で、10日間で通常サイズを含め200個以上を販売しました。この結果により、オービカのティラミスの需要が高いことをあらためて確信したため、この度、同商品を延長販売することにいたしました。皆様でシェアして楽しむことはもちろん、独り占めしてもお召し上がりいただけます。心ゆくまでティラミスを食べて、極上の気分を味わっていただければ幸いです」とコメントしている。

同店の「トラディショナル ティラミス」は、創始者シルヴィオ・ウルシー二さんのマンマのレシピによるもの。フワフワのメレンゲを混ぜ合わせたロンバルディア産マスカルポーネ、コクのあるエスプレッソを浸したサボイアルディをバランスよく組み合わせ、ココアパウダーをかけて仕上げたシンプルなティラミス。丼のような器に盛り付け、食べ応えのある大きさであることから、開業当時より人気の定番商品になっている。

【関連記事】
「パンとエスプレッソと自由形」や「なんとかプレッソ」など4店舗が「マスカットフェア」開催中
「Mont St. Clair」伊勢丹新宿店「トレンドスイーツ」3年ぶり出店
伊勢丹新宿店:次世代のパティシエたちが考案したオリジナルスイーツを9月20日より期間限定・実演販売