横浜赤レンガ倉庫:「Yokohama Strawberry Festival2024」苺大福やハードロックカフェのコンセプトカフェなど登場へ

初出店の「ストラベリー」が提供する全国のいちご 8種類の「いちご大福」期間限定
初出店の「ストラベリー」が提供する全国のいちご 8種類の「いちご大福」
イチゴサンデーパフェ和素材和菓子期間限定神奈川県
初出店の「ストラベリー」が提供する全国のいちご 8種類の「いちご大福」
初出店の「ストラベリー」が提供する全国のいちご 8種類の「いちご大福」

横浜赤レンガ倉庫は2月1日〜2月25日、イベント広場の特設テントにて、「Yokohama Strawberry Festival2024」を開催する。入場料は税込み500円(保護者同伴の小学生以下は無料)。初出店組の情報などが解禁された。

【関連写真】「Yokohama Strawberry Festival2024」他スイーツなどの他イメージ3枚はこちら

11 回目の開催となる今年は会場規模を約2倍に拡大。初出店を含む飲食ブース、物販ブース合わせて過去最大数の30 店舗以上が集結。2024年の装飾テーマは「Strawberry Forest いちごの森」。森の中をイメージした空間で、イチゴ尽くしの世界が広がる。

ハードロックカフェが提供する「ストロベリー&チョコレート ブラウニーサンデー」

今回は「Strawberry Forest いちごの森」の世界に、ハードロックカフェのコンセプトカフェが初登場。 同店が今回のイベントのためだけに特別に考案したメニュー「ストロベリーチーズケーキ」、「ストロベリー&チョコレート ブラウニーサンデー」、「ストロベリーピニャコラーダ」「ストロベリー コーヒーラテ」の計4種を用意する(テイクアウト可)。

「ICHIBIKO」が提供する「ミガキイチゴのスノードーム」
「ICHIBIKO」が提供する「ミガキイチゴのスノードーム」

他にも「米粉チュロス専門店 BAY」や「ストラベリー」、「Rin Rin」など複数の初出店組が勢ぞろいする。

なお、20日は横浜赤レンガ倉庫の休館日に伴い、「Yokohama Strawberry Festival2024」は休業する。

【画像ギャラリー】
「Rin Rin」が提供する「贅沢あまりんパフェ」2号館・1階の「GRANNY SMITH APPLE PIE & COFFEE」が提供する「とちおとめ”とチョコレートの アップルパイ」初出店する「米粉チュロス専門店 BAY」が提供する「ベリーチョコクランチチュロス」

【関連記事】
横浜赤レンガ倉庫:「Yokohama Strawberry Festival2024」2月1日より開催 過去最多の30店舗以上が出店